コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

過疎対策法 カソタイサクホウ

デジタル大辞泉の解説

かそ‐たいさくほう〔クワソタイサクハフ〕【過疎対策法】

昭和30年代の高度経済成長期に、地方から都市へ大規模な人口移動が生じ、農山漁村で過疎問題が生じたことから、これに対処するために制定された法律の略称。10年間の時限立法として、昭和45年(1970)に過疎地域対策緊急措置法、昭和55年(1980)に過疎地域振興特別措置法、平成2年(1990)に過疎地域活性化特別措置法、平成12年(2000)に過疎地域自立促進特別措置法が制定された。過疎法

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

過疎対策法の関連キーワード高度経済成長期過疎対策新法

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android