コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道公 どうこう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道公 どうこう

仏教説話にみえる僧。
法華験記」によれば,大坂四天王寺にすみ,法華経をとなえて仏道にはげむ。紀伊(きい)熊野(くまの)(和歌山県)で修行した帰り道に,疫病(やくびょう)神の仕打ちにくるしむ道祖神の訴えをきき,3日3晩法華経をとなえ,その苦難をとりのぞき,観世音菩薩従者に生まれかわらせたという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

道公の関連キーワード岡山県岡山市北区中央町東京ステーションホテル静岡県藤枝市岡部町岡部えびの市入札妨害事件こうのとり(HTV)岡山県岡山市北区南方北海道帯広市幸福町ボリス ミハイロフ東京都青梅市勝沼日本鉄道建設公団E235系電車鉄道公安職員東京都青梅市アムトラック藤生 安太郎戸沢 民十郎札幌医科大学ドゥメールコンレール松本 幸生

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

道公の関連情報