コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕打ち シウチ

デジタル大辞泉の解説

し‐うち【仕打ち】

他人に対する行為や態度。人の扱い方。多く、悪い意味に用いる。「むごい仕打ちを受ける」
俳優が舞台でする演技。しぐさ。こなし。
「俳優の―と言語(せりふ)に伴い」〈逍遥小説神髄
京阪で、芝居などの興行の出資者・興行主。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しうち【仕打ち】

他人に対する振る舞い。人の取り扱い方。多く悪い意味に使う。 「ひどい-を受ける」
俳優の舞台でのしぐさ。
京阪の歌舞伎界で、興行主の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仕打ちの関連キーワードミヒャエル・コールハース目には目を,歯には歯を泣き寝入り・泣寝入り人を怨むより身を怨め目には目を歯には歯を騙し打ち・騙し討ち踏んだり蹴ったり杖の下から回る子血も涙もないエテオクレス余りと言えば残忍・惨忍残酷・残刻情け知らず蛙の面に水蛙の面へ水騙し討ち泣かせる糞食らえ仇は情け

仕打ちの関連情報