道府県民税(読み)どうふけんみんぜい

百科事典マイペディアの解説

道府県民税【どうふけんみんぜい】

道府県が課する住民税。均等の額が課される均等割に,道府県内に住所をもつ個人は所得割(課税総所得金額の4%。ただし550万円以下の部分は2%)が加算される。また事務所・事業所をもつ法人は法人税割(都道府県により異なるが法人税額の5〜6%が標準)が均等割に加算される。→都民税

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

どうふけんみんぜい【道府県民税】

道府県が課する住民税。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

どうふけんみん‐ぜい ダウフケン‥【道府県民税】

〘名〙 道府県が課する住民税。道府県内に住所を有する個人に対しては均等割および所得割により、そこに事務所または事業所を有する法人に対しては均等割および法人税割によって、それぞれ課税される。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android