道永通昌(読み)どうえい つうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道永通昌 どうえい-つうしょう

1836-1911 幕末-明治時代の僧。
天保(てんぽう)7年生まれ。黄檗(おうばく)宗。宇治万福寺の良忠如隆にまなび,伊勢(いせ)(三重県)天聖院の実聞真聴の法をつぐ。のち豊前(ぶぜん)小倉(福岡県)福聚寺(広寿山)の万丈悟光印可をうける。天聖院住職をへて,明治13年万福寺をついだ。明治44年2月6日死去。76歳。伊勢出身。俗姓は林。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android