コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

道行(2) どうぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

道行(2) どうぎょう

?-? 奈良時代の僧。
深山で修行中に雷にあった際,大般若経(だいはんにゃきょう)600巻の書写をちかって難をまぬかれることができた。天平宝字(てんぴょうほうじ)2年(758)信者を動員して書写を完成させたという。この経文は三重県名賀郡青山町の常楽寺に現存する。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

道行(2)の関連キーワード奈良時代船間

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android