コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

達磨屋五一 だるまや ごいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

達磨屋五一 だるまや-ごいち

1817-1868 江戸時代後期の書籍商。
文化14年10月12日生まれ。嘉永3年江戸日本橋で本屋珍書屋をひらく。珍書をあつめ,「燕石十種」を編集する養子の左七(号は活東子)をたすけたという。狂歌をこのみ,花廼屋蛙麿(はなのや-かわずまろ)と号した。慶応4年7月18日死去。52歳。本姓は岩本。名は覚。号は無物など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の達磨屋五一の言及

【燕石十種】より

…岩本佐七(達磨屋活東子)編。養父岩本蛙麿(達磨屋五一)補助。1857年(安政4)から63年(文久3)にかけて6輯各10巻の計60冊があつめられた。…

※「達磨屋五一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

達磨屋五一の関連キーワード岩本五一

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android