コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水野氏 みずのうじ

3件 の用語解説(水野氏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

水野氏
みずのうじ

江戸時代の大名,旗本の一族。清和源氏の出という。鎌倉時代中期,重時のとき尾張国春日井郡水野に住して水野氏を称したという。戦国時代忠政のとき三河刈谷城主となり,その娘は松平広忠の室となって徳川家康を生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みずのうじ【水野氏】

尾張国の土豪,江戸時代譜代大名(図)。先祖は多田満仲の弟満政とされ,重房のとき尾張国知多郡小河村に住して小河氏を称し,のち春日井郡水野に移って水野氏と改めたという。1487年(長享1)に没した貞守が三河国刈屋に城を築き,その後は代々刈屋・小河両城を本拠とした。天文期(1532‐55)に活躍した忠政の女於大の方(伝通院)は同国岡崎の松平広忠に嫁して徳川家康を生んだが,水野氏が松平氏と敵対する織田氏にくみしたので離別された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

水野氏
みずのうじ

室町期の尾張国(おわりのくに)(愛知県)の国人(こくじん)。江戸期には譜代大名(ふだいだいみょう)となる。清和源氏(せいわげんじ)、多田満政(ただみつまさ)流を称す。家祖重房(しげふさ)が尾張国智多(ちた)郡英比郷(あくひごう)小河に住んで小河を称し、その子重清(しげきよ)のとき同国春日井(かすがい)郡山田庄(やまだのしょう)水野に移り、水野に改めたという。11代を経て貞守(さだもり)のとき刈屋(かりや)に城を築いて本拠とした。その曽孫(そうそん)忠政(ただまさ)は尾張の織田(おだ)氏、駿河(するが)・遠江(とおとうみ)の今川氏という二大勢力の間にあって、女子(通称お大(だい))を岡崎の松平広忠(まつだいらひろただ)の室に嫁せしめ、松平氏と盟約したが、忠政の死後その子信元(のぶもと)は織田信長の配下となり、忠広に嫁したお大は離縁となる。その子が後の徳川家康である。
 信元の死後その家は弟の忠重(ただしげ)を経て、同じく弟の勝成(かつなり)が継ぐ。1600年(慶長5)勝成は家を継ぎ、1619年(元和5)には備後(びんご)(広島県)福山10万石となるが、勝岑(かつみね)のとき嗣(し)なく改易。一族の勝長(かつなが)が再興して下総(しもうさ)(茨城県)結城(ゆうき)1万8000石となる。水野氏はこの福山水野氏を宗家として5系に分かれた。このうちもっとも著名なのが、天保(てんぽう)改革の水野忠邦(ただくに)である。[所理喜夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の水野氏の言及

【尾張国】より

…旧国名。尾州。現在の愛知県の西半部にあたる。
【古代】
 東海道に属する上国(《延喜式》)。面積の約6割が濃尾平野の南半部にあたる肥沃な沖積平野で,古墳の分布などから推察すれば,北部の犬山市や一宮市,北東部の春日井市あたりにも豪族の拠点があったと考えられる。しかし国全体を統轄する地位を確保したのは,平野南部の熱田台地に本拠をおく尾張国造たる尾張氏であろう。尾張氏は,ヤマトタケル伝説を媒介として,皇室とのつながりを誇示する豪族であった。…

【唐津藩】より

…肥前国(佐賀県)松浦郡唐津に藩庁を置いた譜代中藩。1593年(文禄2)朝鮮の役で改易された波多信時に代わって豊臣大名寺沢広高が配置されたことに始まる。石高は6万3000石。98年(慶長3)朝鮮の役における軍功によって筑前怡土(いと)郡2万石,1600年関ヶ原の戦における戦功によって肥後天草4万石が加増された。合計石高12万3000石。広高は唐津城を完成する一方,新田開発,松浦川の改修工事,虹ノ松原防風林の植樹につとめ,16年(元和2)には総検地を実施して,藩制の基礎を整備したが,2代堅高のとき勃発した島原の乱によって天草4万石が没収され,47年(正保4)世嗣断絶によって改易となった。…

【松本藩】より

…その後,小笠原氏2代8万石,17年(元和3)から戸田氏2代7万石,33年(寛永10)から松平氏1代7万石,38年から堀田氏1代10万石(うち3万石は関東)がいずれも短期間在封し,その間寛永検地,城地拡張,15組行政制度への移行,高遠・諏訪両藩への各5000石割譲があった。藩政の整備をみたのは42年7月に三河国吉田から加増により入封した水野氏6代7万石の治世のときである。初代忠清は越後村上家その他の浪人をも抱え,馬廻6組の軍制を整え,2代忠職(ただもと)は慶安惣検地,人数牛馬帳作成,浅間・山家(温泉)別邸の営造で知られ,3代忠直は廟所玄向寺をおこし,幕府軍役に従い,文治政治を進めて財政規模を拡大して貞享加助騒動を招き,6代忠恒は1725年(享保10)江戸城内で毛利師就に刃傷を加えて改易された。…

【山形藩】より

…そのあとに入った水野忠精は幕府の天保改革の失敗による左遷であった。水野氏は藩財政の施策として秋元氏以来の領内豪商・豪農を御用達とし,とくに城下の豪商を士格御用達や臨時御用達にとりたて,御用金を課している。戊辰戦争では奥羽越列藩同盟に荷担したがやがて降伏し,版籍奉還を経て藩主忠弘は山形藩知事となり,1870年(明治3)7月近江朝日山藩に転出。…

※「水野氏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

水野氏の関連キーワード酒井氏詰衆譜代大名堀田氏菊の間土豪外様大名三河衆御門番青山氏

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

水野氏の関連情報