コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

燕石十種 えんせきじっしゅ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

燕石十種
えんせきじっしゅ

江戸時代の人情,地理,風俗などに関する俚俗の珍書を収めた叢書6集。 10種1集の計 60種。岩本左七 (達磨屋活東子) 編,花廼屋蛙麿補佐。安政4 (1857) ~文久3 (63) 年刊行。燕石は「玉に似て玉に非ざる石」の意で,『荀子』にみえる「宋の愚人燕石を得,これを蔵して以て宝となす」の語により,編者みずから愚人にたとえて名づけたという。所収の『我衣』『塵塚談』『賤のをだ巻』『神代余波』『隣の疝気』などは江戸時代風俗史研究の好個の史料であり,『高尾考』『独寝』のような奇書の名にふさわしいものも多い。正編のほか,国書刊行会編になる『続燕石十種』『新燕石十種』もある。 1907年刊の『国書刊行会叢書』に収録。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんせきじっしゅ【燕石十種】

江戸後期の叢書(そうしょ)。達磨屋活東子(だるまやかつとうし)(岩本佐七)編。達磨屋五一補。文久3年(1863)成立。江戸時代の風俗関係の稀書60冊を、1集に10冊ずつ収録。明治40年(1907)3巻本刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

燕石十種【えんせきじっしゅ】

江戸末期の叢書。達磨屋活東子(だるまやかっとうし)(岩本佐七)編。1857年―1863年刊。江戸時代の地理風俗に関する珍書を集め,10部を1輯(しゅう)として6輯まで60部を収める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

えんせきじっしゅ【燕石十種】

江戸末期の叢書。岩本佐七(達磨屋活東子)編。養父岩本蛙麿(達磨屋五一)補助。1857年(安政4)から63年(文久3)にかけて6輯各10巻の計60冊があつめられた。江戸の風俗に関する随筆類で,《高尾考》《異本洞房語園》《吉原雑話》などの遊里関係や《猿楽伝記》《劇場新話》などの演劇関係が多くを占めるほか,珍編奇書を数多く収める。本集は,国書刊行会本によって流布したが,同会よりさらに《続燕石十種》《新燕石十種》が相次いで刊行された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

えんせきじっしゅ【燕石十種】

随筆雑著集。三巻。達磨屋活東子編。1857~63年成立。江戸時代の風俗・遊里・文学・奇事などに関する稀書60種を集めたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

燕石十種
えんせきじっしゅ

江戸末期の叢書(そうしょ)。達磨屋活東子(だるまやかっとうし)が養父花の屋蛙麿(あまろ)(達磨屋五一)の助けを得て編集したもの。1集10部、6集よりなるが、最初は10集、100部を予定したという。1863年(文久3)成立。「燕石」は玉に似た石、まがい物の意である。『高尾考』(吉原の名妓(めいぎ)高尾に関する諸家の考説)以下、江戸時代の興味深い風俗書を集大成したもので、当代の市民社会におけるできごとや世態、人情を知るための、きわめて貴重な資料となっている。写本で伝えられたが、1907年(明治40)国書刊行会によって三巻本として刊行され、以後その続編として『続燕石十種』(2巻)、『新燕石十種』(5巻)が新たに編集、刊行された。[宇田敏彦]
『『燕石十種(正・続・新)』全17巻(1979~82・中央公論社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

燕石十種の関連キーワード三遊亭円生(初代)達摩屋五一中古戯場説小川顕道柏崎具元曲淵景漸髪油

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android