コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠坂文雍 とおざか ぶんよう

美術人名辞典の解説

遠坂文雍

江戸後期の画家。江戸生。名は親夫、字は穆夫、通称に庄司・雪堂、水墨禅廬の号がある。谷文晁に学んで、人物・花鳥を能くする。嘉永5年(1852)歿、70才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠坂文雍 とおざか-ぶんよう

1783-1852 江戸時代後期の画家。
天明3年生まれ。江戸の人。谷文晁(ぶんちょう)に師事し,山水・花鳥画をよくした。嘉永(かえい)5年7月20日死去。70歳。字(あざな)は別に穆夫。通称は庄司。号は文応,雪堂,十友園。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone