コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠藤故厓 えんどう こがい

美術人名辞典の解説

遠藤故厓

俳人。相模国小田原町の人。号は青霞庵。逸淵の門人。門人完和と共に京摂に遊ぶ。足柄上下大住愛甲淘綾の諸郡の俳事を鞅掌した。明治17年(1884)歿、享年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

遠藤故厓 えんどう-こがい

?-1884 江戸後期-明治時代の俳人。
相模(さがみ)(神奈川県)小田原の人で,児玉逸淵(いつえん)の門人。明治17年12月9日死去。別号に青霞庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone