コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠距離力 えんきょりりょくlong-range force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠距離力
えんきょりりょく
long-range force

遠達力ともいう。物体間に働く力のうち,距離が遠くなっても力の大きさがあまり減少せず,力の有効範囲が広いもの。たとえば万有引力やクーロン力は,力の中心から一定の立体角内に広がっていくと考えたとき,立体角によって切取られる球面の面積は距離の2乗に比例するので無限の距離まで到達する力であり,遠距離力の典型である。その他の電磁気的な力,分子間に働くファン・デル・ワールス力などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

えんきょり‐りょく〔ヱンキヨリ‐〕【遠距離力】

長距離力

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

遠距離力の関連キーワード分子間力逆二乗則

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android