遠距離力(読み)えんきょりりょく(英語表記)long-range force

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠距離力
えんきょりりょく
long-range force

遠達力ともいう。物体間に働く力のうち,距離が遠くなっても力の大きさがあまり減少せず,力の有効範囲が広いもの。たとえば万有引力やクーロン力は,力の中心から一定の立体角内に広がっていくと考えたとき,立体角によって切取られる球面の面積は距離の2乗に比例するので無限の距離まで到達する力であり,遠距離力の典型である。その他の電磁気的な力,分子間に働くファン・デル・ワールス力などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android