遠距離逓減制運賃制度(読み)えんきょりていげんせいうんちんせいど(英語表記)tapering distance rate system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠距離になるほど賃率が低くなる運賃制度。現在日本の JRの旅客運賃はこれを採用しており,600kmをこえる場合はそれ以下に比して賃率が低くなる。遠距離逓減制の根拠は,運送にはその距離にかかわらず一定の端末コスト (乗車券の発売などに伴う費用) がかかることにある。 (→距離比例制運賃制度 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android