コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠距離逓減制運賃制度 えんきょりていげんせいうんちんせいど tapering distance rate system

1件 の用語解説(遠距離逓減制運賃制度の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遠距離逓減制運賃制度
えんきょりていげんせいうんちんせいど
tapering distance rate system

遠距離になるほど賃率が低くなる運賃制度。現在日本の JRの旅客運賃はこれを採用しており,600kmをこえる場合はそれ以下に比して賃率が低くなる。遠距離逓減制の根拠は,運送にはその距離にかかわらず一定の端末コスト (乗車券の発売などに伴う費用) がかかることにある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

遠距離逓減制運賃制度の関連キーワードCAV遠距離遠距離信号口が酸っぱくなる程ゾーン運賃制右肩下がり燃油サーチャージ(燃油特別付加運賃)タクシー運賃遠距離逓減運賃地域別運賃制

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone