遣取(読み)やりとり

精選版 日本国語大辞典の解説

やり‐とり【遣取】

〘名〙
① やったりとったりすること。ものをとりかわすこと。授受。交換。とりやり。
※高野山文書‐(年未詳)一二月九日・法衣著用并山伐荒覚書「法衣著用之事〈是は安養院に而長門守殿御弔之時、重々の遣り取候而、慥成儀承候〉」
② 杯をとりかわすこと。献酬(けんしゅう)
※随筆・北越雪譜(1836‐42)初「三人大ひに笑ひ又酒をのませ盃の献酬(ヤリトリ)にしばらく話消けるゆゑ」
③ ことばのうけこたえをすること。また、口論すること。
※明暗(1916)〈夏目漱石〉一〇三「一言葉毎に一調子づつ高まって来た二人の遣取(ヤリトリ)は」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android