コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

北越雪譜 ほくえつせっぷ

6件 の用語解説(北越雪譜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

北越雪譜
ほくえつせっぷ

江戸時代後期の随筆。2編7冊。鈴木牧之著,山東京山編。天保6 (1835) 年序。同7~13年刊。越後の風物,風俗などを 123条にわたって記したもの。単なる風物誌,地誌にとどまらず,種々の文献,故事を引用しており,馬琴,六樹園,蜀山人,京伝,一九,三馬らの江戸の文人,戯作者と交わりの深かった牧之の教養が盛込まれたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほくえつせっぷ〔ホクヱツセツプ〕【北越雪譜】

江戸後期の随筆。2編7巻。鈴木牧之(すずきぼくし)著。天保8~13年(1837~1842)刊。越後の雪の観察記録を中心に、雪国の風俗・習慣などを記述。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

北越雪譜【ほくえつせっぷ】

江戸後期の異色の地誌。鈴木牧之(ぼくし)著。7巻。1836年―1842年刊。著者の郷里越後の,雪を中心とした風俗習慣を記述したもの。山東京伝の弟岩瀬(山東)京山の刪定(さんてい)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ほくえつせっぷ【北越雪譜】

越後塩沢出身の鈴木牧之(ぼくし)(1770‐1842)著の地誌。1836‐42年刊。初編上中下巻3冊,二編4巻4冊の計7冊よりなる。牧之はこの稿本の删定(さんてい)を山東京山に依頼し,挿画も牧之自筆のものを京山の子京水が描き直したものという。出版まで長い紆余曲折があったが,初編は江戸中で評判となり,これを置かぬ貸本屋には客が来ぬほどであったという。《北越雪譜》は,《秋山記行》とともに雪国の生活ぶりを,自然や生物,奇事異聞,機織やサケ漁などの生業,子どもの遊び,民俗行事などを通して詳細に述べたもので,1819年(文政2)の越後雪見行脚はこの書のための取材旅行でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほくえつせっぷ【北越雪譜】

地誌。二編七巻。鈴木牧之ぼくし著。1836~42年刊。越後の雪の観察記録を中心に、雪国の風俗・習慣などについて述べたもの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

北越雪譜
ほくえつせっぷ

江戸時代後期の越後(えちご)の自然と生活を描写した書物。著者は越後塩沢の人、鈴木牧之(ぼくし)。山東京山編、山東京水画。初編3巻、2編4巻の計7巻からなる。初編は1837年(天保8)、2編は41年に出版された。書名のとおり、雪を自然科学的な目からとらえた記述が中心をなし、日本の科学誌の先駆的存在といえるものである。一方、越後の産業や生活についても記されており、経済史および民俗学の研究にとって貴重な資料となっている。挿絵が多く入れてあり、本文の理解を助けてくれる。牧之がかかる書物を著す動機となったのは、20歳前後の江戸行きにあるといわれている。華やかな江戸の生活に比べ、「雪」という宿命を負わされた故郷の様相を世間に知らせたいという願いからであったと推察される。牧之はすでに20代後半からこの出版を計画していたが、頓挫(とんざ)を繰り返し、目的を達成するまでには実に40年の歳月が費やされた。[胡桃沢勘司]
『岡田武松校訂『北越雪譜』(岩波文庫) ▽宮栄二監修『校註北越雪譜』(1970・野島出版) ▽田村賢一訳・著『北越雪譜物語』(1978・新潟日報事業社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の北越雪譜の言及

【越後国】より

… 豪農豪商の成長にささえられて,地方の文化が発達した。鈴木牧之は塩沢の縮商で家業のかたわら文雅を好み,江戸の山東京伝らと交わり,雪国の風土を《北越雪譜》にまとめ,小千谷の商人広川晴軒は自然科学を学んで《三元素略説》(1865)を著し,新津の大庄屋桂誉重(かつらたかしげ)は国学に親しみ鈴木重胤の門人となり《済生要略》を著した。私塾,寺子屋が発達し,百姓の子弟で学ぶ者も多くなった。…

【気象学】より

…古河藩の城主土井利位(としつら)は顕微鏡で雪の結晶を観察し,そのスケッチを《雪華図説》として1833年に出版している。また,越後の商人鈴木牧之は1835‐42年に《北越雪譜》を出したが,これは雪に関連した各種の話題を収めたものである。1857年には伊藤慎蔵が《颶風新話(ぐふうしんわ)》を出したが,これはイギリスの航海者ピディントンH.Piddingtonの書いた《航海者のための暴風雨に関する会話》の蘭訳をさらに和訳したもので,邦訳された最初の気象専門書である。…

【鈴木牧之】より

…幼名を弥太郎,成人して儀三治と改め,牧之と号した。文筆の才に恵まれており,越後の風土を描いた《北越雪譜》(1836‐42)は,雪国の自然や生物,機織業やサケ漁,古い民俗信仰の実態などをまとめた名作として知られている。牧之は江戸の文人との交流が深く,滝沢馬琴,大田南畝,山東京山,十返舎一九,式亭三馬との親交が知られている。…

※「北越雪譜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

北越雪譜の関連キーワード鈴木牧之橘崑崙鈴木鶴齢牧之鈴木牧之記念館牧之通り新潟県南魚沼市塩沢山東京水秋山記行

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

北越雪譜の関連情報