コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安養院 アンヨウイン

デジタル大辞泉の解説

あんよう‐いん〔アンヤウヰン〕【安養院】

神奈川県鎌倉市大町にある浄土宗の寺。開創は嘉禄元年(1235)、開基北条政子。境内に政子の墓がある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安養院

生年:生没年不詳
室町幕府11代将軍足利義澄の室。日野永俊の娘。8代将軍義政室の日野富子の姪に当たる。<参考文献>田端泰子『日本中世の女性』

(西尾和美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安養院
あんよういん

神奈川県鎌倉市大町にある浄土宗の寺。「あんにょういん」ともいう。祇園(ぎおん)山長楽寺安養院という。1225年(嘉禄1)北条政子(まさこ)が夫源頼朝(よりとも)の菩提(ぼだい)を弔うため阿弥陀如来(あみだにょらい)を本尊として長楽寺を建立。政子の発願による最後の寺で、願行上人を開基とする。1333年(元弘3・正慶2)焼失したため、尊観が当寺を善導寺跡に再建、合併した。以後、安養院という。1673年(延宝1)再度焼失し、比企谷(ひきがやつ)の田代(たしろ)観音堂を移し合併再建した。現在の本堂は1928年(昭和3)の再建。千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)は坂東(ばんどう)三十三札所第3番霊場の観世音として庶民の信仰を集める。[清水 乞]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安養院の関連キーワード兵庫県神戸市西区伊川谷町前開桂 菊団治(2代目)神奈川県鎌倉市大町太山寺(兵庫県)伏見宮邦輔親王植村泰忠(1)高野山文書織田信孝少弐貞経水府煙草山上宗二正法眼蔵中山摂観雲谷等爾大弁了訥邦輔親王弁道話宝塔寺錦織寺垂水区

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

安養院の関連情報