コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

献酬 ケンシュウ

デジタル大辞泉の解説

けん‐しゅう〔‐シウ〕【献酬】

[名](スル)杯をやりとりすること。酒を飲み交わすこと。
「空の盃(さかづき)でよくああ飽きずに―が出来ると」〈漱石こゝろ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんしゅう【献酬】

( 名 ) スル
酒杯をやりとりすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の献酬の言及

【盃事】より

…近世以来酒を飲む器として猪口盃が普及しめいめいの盃で酒を飲むようになったが,正月の屠蘇(とそ)や婚姻の際の盃事ではまだ同じ盃で飲みかわしており元の意義を残している。宴会などでみられる猪口盃の献酬(けんしゆう)もこの飲みまわしのなごりとされている。 盃事は婚姻成立において重要な要件である。…

※「献酬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

献酬の関連キーワード小吸い物椀酒月米人水足博泉箸洗い酒盛り応酬八寸酒杯

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android