コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

適応度 てきおうど

1件 の用語解説(適応度の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

適応度【てきおうど】

生物がどれだけ多くの子孫を次世代に残せるかの尺度。繁殖成功度とも。1個体当りの,繁殖可能な子供の数によって示される。適応度が1より大きければ,その個体の子孫は存続する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の適応度の言及

【適応戦略】より

…このような見方では生物の形質は一つの適応戦略と理解され,その研究にはゲーム理論最適制御理論のような数学的方法が援用される。そのさい何が最適かをきめるものさしは,その遺伝子型の個体がどれだけ成功した子孫を残せるかであって,これを繁殖成功度reproductive successないし適応度fitnessと呼ぶ。大洋魚類の多くは一度に数十万,数百万のごく小さな卵を産み,渓流魚の多くは数千ないしそれ以下の大型の卵を産む。…

※「適応度」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

適応度の関連キーワード次世代多細胞生物単性夕べの陽に子孫を愛す競吟栄養摂取量食物消費調査飼料効率生体毒素次世代技術

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

適応度の関連情報