コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選定後見人 センテイコウケンニン

2件 の用語解説(選定後見人の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せんてい‐こうけんにん【選定後見人】

後見人の親族その他の利害関係人の請求によって、家庭裁判所が選任する後見人

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の選定後見人の言及

【後見】より


[後見の機関]
 後見の任務を果たすための機関の中心は,後見人であり,そのほか,後見監督制度が働くことがある。(1)後見人 後見人になるのは,通常家庭裁判所によって選任された者(選任後見人,また選定後見人ともいう。841条)であるが,まれに,親権者であった者がその死亡に際し遺言で後見人を指定することもあり,その場合には指定された者が後見人になる(指定後見人。…

※「選定後見人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone