コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親族会 シンゾクカイ

2件 の用語解説(親族会の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんぞく‐かい〔‐クワイ〕【親族会】

民法旧規定において、3人以上の親族が集まり、その家または家に属する個人の重要な処置に関して合議する機関。本人・戸主検事などの請求によって裁判所が招集。昭和22年(1947)廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親族会
しんぞくかい

1947年(昭和22)の改正前の民法で設けられていた親族の合議体。親族会員は3人以上で、親族または縁故者のなかから裁判所が選任した。親族団体の身分上の重要事項で民法に定められた特定のものについて決定権をもっていた。たとえば、家督相続が開始したときに、法定・指定の相続人がいない場合に家督相続人を選定したり、母が親権者の場合や、親権者がなくて後見人が置かれている場合に、母または後見人の代理行為に同意を与えたりするのが、その役目であった。第二次世界大戦後の民法改正によって廃止された。[高橋康之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

親族会の関連キーワード親族法女戸主合議自由婚姻親族会議入夫廃嫡身分相続民法旧規定養嗣子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

親族会の関連情報