遺伝子刷(り)込み(読み)イデンシスリコミ

デジタル大辞泉の解説

いでんし‐すりこみ〔ヰデンシ‐〕【遺伝子刷(り)込み】

父親または母親に由来する遺伝子が、どちらか一方の親から由来した時にのみ発現する現象。名称は、あたかも遺伝子がどちらの親に由来したかを覚えている(刷り込まれている)ように見えることに由来する。またこのような遺伝子を刷り込み遺伝子という。ゲノム刷り込みゲノムインプリンティング
[補説]一般的に多くの遺伝子は、どちらの親に由来するかに依存せず、同等の頻度で発現する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android