刷(り)込み(読み)スリコミ

百科事典マイペディアの解説

刷込み【すりこみ】

インプリンティング,刻印づけとも。鳥類および哺乳類の一部にみられる,生涯の特定時期に急速に行われる特殊な形の学習。K.ローレンツが発見し,その意義を明らかにした。たとえばガンは孵化(ふか)した直後に出合った動くものを自分の親と認識する。刷込みがなされる時期(感受期)はごく限られており,その時期を過ぎると学習能力は急に低下する。一度成立した刷込みは持続性が高く,やり直しがきかない。また,成体になってからの性行動の対象にも影響を与える。
→関連項目ローレンツ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すりこみ【刷込み imprinting】

一部の動物が誕生直後に経験した特別な対象に対して示す特殊なタイプの学習。〈刻印づけ〉〈インプリンティング〉ともいわれる。このような現象の存在は,少なくとも19世紀後半には知られていたが,その生物学的意味をはじめて明らかにしたのは,K.ローレンツである。ローレンツは,ハイイロガンの雛が孵化(ふか)後,初めて出会った動く対象に対して,それが母鳥であれ人間であれ,あるいは一輪車でさえ,後を追って行くことを発見した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の刷(り)込みの言及

【学習】より

…このような慣れは,明らかに生後の経験によって獲得した反応であるが,猛禽類の影には決して慣れを示さず,このような能力が遺伝的にプログラムされたものであることを示している。
[刷込みimprinting]
 刷込み(インプリンティング)は特殊な形の学習である。これは生後のある時期の経験が,その動物のある行動を規制してしまうもので,とくに生後の初期に生じやすい。…

【学習】より

…このような慣れは,明らかに生後の経験によって獲得した反応であるが,猛禽類の影には決して慣れを示さず,このような能力が遺伝的にプログラムされたものであることを示している。
[刷込みimprinting]
 刷込み(インプリンティング)は特殊な形の学習である。これは生後のある時期の経験が,その動物のある行動を規制してしまうもので,とくに生後の初期に生じやすい。…

【行動】より

…したがって,もちろん単一の狩猟本能などというものがないことは明らかであるが,しかし何を獲物とすべきかという点について見れば,親から学習しなければならない。また鳥の〈刷込み〉という現象では,刷り込まれる対象についていえば学習的といえるが,それが起こりうるのは遺伝的に決まった特定の時期だけであり,刷り込まれた対象に向ける行動パターンも遺伝的に決まっている。したがって,ある行動パターンが全体として学習的であるとか生得的であるとかいう議論は無意味であり,むしろその行動パターンがどういう成分からなり,それぞれの成分にどういう動機づけがあり,そのどの部分で学習が作用するかを明らかにするほうが重要である。…

※「刷(り)込み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android