コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子療法の歴史 いでんしりょうほうのれきし

家庭医学館の解説

いでんしりょうほうのれきし【遺伝子療法の歴史】

 遺伝子療法のルーツは、米国を中心に分子生物学という分野で発展してきた「DNA(遺伝子)組み替え」の研究です。この応用として、遺伝子治療の歴史が始まりました。
 米国では、倫理・社会的問題などの論議を経て審査体制が確立し、1990年には、アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症(けっそんしょう)という、特定の酵素(こうそ)がつくれない遺伝性の病気に対する遺伝子治療が初めて公認され、その後、エイズやがん治療などへの応用も始まりました。
 日本でも、1995年に北海道大学でADA欠損症の男児に遺伝子治療が初めて行なわれました。がんの遺伝子治療の研究も活発に行なわれ、1998年には、東大医科学研究所で、患者さんから取り出した腎(じん)がん細胞に、免疫力を高める治療用遺伝子を組み込んで、患者さんの体内に戻す治療がスタートしました。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

遺伝子療法の歴史の関連キーワードがんの遺伝子療法

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android