コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺伝子療法の歴史 いでんしりょうほうのれきし

1件 の用語解説(遺伝子療法の歴史の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

いでんしりょうほうのれきし【遺伝子療法の歴史】

 遺伝子療法のルーツは、米国を中心に分子生物学という分野で発展してきた「DNA(遺伝子)組み替え」の研究です。この応用として、遺伝子治療の歴史が始まりました。
 米国では、倫理・社会的問題などの論議を経て審査体制が確立し、1990年には、アデノシンデアミナーゼ(ADA)欠損症(けっそんしょう)という、特定の酵素(こうそ)がつくれない遺伝性の病気に対する遺伝子治療が初めて公認され、その後、エイズがん治療などへの応用も始まりました。
 日本でも、1995年に北海道大学でADA欠損症の男児に遺伝子治療が初めて行なわれました。がんの遺伝子治療の研究も活発に行なわれ、1998年には、東大医科学研究所で、患者さんから取り出した腎(じん)がん細胞に、免疫力を高める治療用遺伝子を組み込んで、患者さんの体内に戻す治療がスタートしました。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

遺伝子療法の歴史の関連キーワード構造遺伝子遺伝子座遺伝子記号モザイク遺伝子ラス遺伝子原がん遺伝子cdc遺伝子重複(遺伝子の)遺伝子暗号説遺伝子検査ビジネス

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone