コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遺物包含層 いぶつほうがんそう

1件 の用語解説(遺物包含層の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

いぶつほうがんそう【遺物包含層】

遺物を含む土層をさす考古学の用語。略称は包含層。欧米でいう文化層cultural layerにほぼ相当する。しかし,一つの遺物包含層が,時代を異にする幾つかの文化層に分かれることも多い。初期の日本考古学では,貝塚以外の先史時代遺跡について認識があさく,遺物は山林原野の地表面に遺存していると考えられていた。1894年,鳥居竜蔵,大野延太郎は,東京国分寺の丘の切通しで,地表下数十cmに土器,石器が包含されているのを実見し,遺跡が地上ではなく〈地下幾尺かの土中〉に存在することを初めて認識した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遺物包含層の関連キーワード考古学歴史考古学産業考古学遺物近現代考古学シンタクス先史考古学認知考古学森浩一早川荘作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone