コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳥居竜蔵 トリイリュウゾウ

デジタル大辞泉の解説

とりい‐りゅうぞう〔とりゐリユウザウ〕【鳥居竜蔵】

[1870~1953]考古学者・人類学者。徳島の生まれ。国学院大学上智大学・北京の燕京大学教授を歴任。国内のほか、東アジアのほぼ全域を研究調査し、考古学・民族学・人類学に多くの業績を残した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鳥居竜蔵【とりいりゅうぞう】

考古学者,人類学者。徳島市生れ。考古学を独学後,東大人類学教室で坪井正五郎に師事した。のち東大理学部助教授となり,1939年―1951年北京の燕京大学教授を勤めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鳥居竜蔵 とりい-りゅうぞう

1870-1953 明治-昭和時代の人類学者,考古学者。
明治3年4月4日生まれ。小学校を中退。坪井正五郎に師事し,明治26年東京帝大人類学教室の標本係となる。大正11年東京帝大助教授,のち国学院大,上智大の教授,中国燕京大客員教授。中国,朝鮮,シベリア,樺太(からふと)(サハリン)などの各地を調査し,東アジアの人類学・考古学研究の開拓者となった。昭和28年1月14日死去。82歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。自伝に「ある老学徒の手記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

とりいりゅうぞう【鳥居竜蔵】

1870‐1953(明治3‐昭和28)
人類学,考古学者。徳島市船橋町に生まれる。小学校を中途退学し,後はほとんど独学自習した。人類学に興味を持ち,17歳のとき東京人類学会に入会。会長坪井正五郎に認められ,1893年東京帝国大学理科大学人類学教室標本整理係を命ぜられた。同年遼東半島に,また96年台湾に人類学調査に派遣され,以来約半世紀余の間,台湾,雲南,貴州,四川,満州(中国東北),内蒙古,朝鮮半島,北千島,樺太,東部シベリアなどで長期間または回を重ねて人類学調査に従事した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

とりいりゅうぞう【鳥居竜蔵】

1870~1953) 考古学者・人類学者。徳島県生まれ。中国大陸・朝鮮など東アジア諸地域の調査研究を行い、考古学・民族学・人類学に多くの業績をあげた。著「有史以前の日本」「或る老学徒の手記」ほか。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の鳥居竜蔵の言及

【御領貝塚】より

…ほとんどがヤマトシジミで占められる(98%以上)奥湾性貝塚で,貝層が北側台地上を覆う広大な貝塚であったらしいが,現在は台地上の神社付近と,台地北側崖線付近に残存するにすぎない。古くから知られ,鳥居竜蔵,小林久雄らによって調査され,隣接の阿高貝塚とともに,九州縄文土器編年の基本となった。1951年金関丈夫,坪井清足らによって発掘調査が行われ,貝層中より後期御領式土器,貝層下より西平式土器が出土した。…

【赤峰】より

…その代表的な遺跡に紅山後,夏家店,薬王廟などがある(夏家店遺跡)。赤峰付近の遺跡は,1908年鳥居竜蔵の踏査以来,その存在は古くから知られていた。35年東亜考古学会の浜田耕作らが紅山後を調査し,また56年には呂遵諤,裴文中らが紅山後の北大溝と紅山前を調査した。…

※「鳥居竜蔵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳥居竜蔵の関連キーワード朝日貝殻山貝塚コロボックル大場 磐雄遺物包含層中山太郎中薗英助樋口清之昭和時代御領貝塚鳥居

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android