コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避く(読み)サク

デジタル大辞泉の解説

さ・く【避く】

[動カ下二]さ(避)ける」の文語形

よ・く【避く】

[動カ四]よける」に同じ。
「秋風にさそはれわたる雁がねはもの思ふ人の宿を―・かなむ」〈後撰・秋下〉
[動カ上二]よける」に同じ。
「玉川の人をも―・きず鳴く蛙このゆふかげはをしくやはあらぬ」〈古今六帖・三〉
[動カ下二]よける」の文語形。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さく【避く】

( 動下二 )

よく【避く】

〔「よこ(横)」と同源〕
( 動四 )
「避ける」に同じ。 「秋風にさそはれ渡るかりがねは物思ふ人のやどを-・かなむ/後撰 秋下
( 動上二 )
「避ける」に同じ。 「この女の家、はた-・きぬ道なりければ/源氏 帚木
( 動下二 )
よける 〔上代には上二段が用いられた。下二段は中世以降生じた〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報