コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

避ける サケル

3件 の用語解説(避けるの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さ・ける【避ける】

[動カ下一][文]さ・く[カ下二]
それとかかわることで不都合や不利益が生じると予測される人や事物から離れるようにする。また、そのような人や事物に近づかないようにする。「あの人は―・けたほうがよい」「反抗期で父親を―・ける」「都会の騒音を―・けて暮らす」「―・けて通れない問題」「ラッシュ時を―・けて出勤する」「人目を―・けて会う」
不都合や不利益をもたらすような言動をしないようにする。差し控える。「コメントを―・ける」「どぎつい表現は―・けたほうがよい」「武力衝突は―・けたい」
よける。「飛び出してきた自転車を―・けきれずに衝突する」
[用法]さける・よける――「走ってくる車をさけよう(よけよう)としてころんだ」「水たまりをさけて(よけて)歩く」など、自分に害を与えるものや好ましくないものから意識的に離れることを表す場合、相通じて用いられる。◇「さける」は「人目をさけて暮らす」「視線をさける」「明言をさける」など、抽象的なものが対象の場合にも用いる。この場合「よける」は使わない。◇「よける」は「落石をよけて事なきを得た」「相手のパンチをよけそこなう」のように、わきへ寄る、身をかわすなどの具体的な動作に重点がある。

よ・ける【避ける/除ける】

[動カ下一][文]よ・く[カ下二]
触れたり出あったりしないようにわきに寄る。また、身をかわしてさける。「日なたを―・けて歩く」「車を―・ける」
前もって被害を防ぐ。災いなどからのがれようとする。「囲いをして風を―・ける」
別にしておく。除外する。「自分で食べる分は―・けておく」
避(さ)ける[用法]

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

さける【避ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 さ・く
〔「離く」と同源〕
好ましくない人・物・事態に近づかないように、あるいは触れないようにする。よける。 「危険な場所を-・けて迂回する」 「危うく高台に難を-・けた」 「ツバメは冬の寒さを-・けるために南へ渡る」 「人目を-・けて暮らす」 「混雑を-・けて早朝に出発する」
好ましくない結果を生むような行動をしないようにする。さしひかえる。 「事情を考慮して公表を-・ける」 「混乱を-・けるために入場を制限する」 「出すぎた発言は-・けたほうがよい」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

避けるの関連キーワード怖ける絎ける裂ける湿気る遠退ける蒸ける蓬ける痩けるささ・ける老ける

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

避けるの関連情報