コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須湯本[温泉] なすゆもと

世界大百科事典 第2版の解説

なすゆもと【那須湯本[温泉]】

栃木県那須郡那須町にある温泉。那須岳南東麓の那須高原に広がる那須温泉郷の中心をなす。酸性ミョウバン泉,70℃。源泉は湯川の谷に湧出する〈鹿の湯〉で,湯川西岸の高台に温泉街が形成されている。古くから湯治場として知られ,湯川沿いにある元湯の共同浴場では,時間湯が決められ,あるいは湯長の指揮のもとに〈湯もみ〉をするなど昔ながらの浴法が行われている。また湯ただれをなおす〈喜楽湯〉もある。付近には那須与一源平合戦に際して祈念したと伝える温泉(ゆぜん)神社や九尾の狐の伝説で知られる殺生石などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

那須湯本[温泉]の関連キーワード栃木県那須郡那須町

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android