コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須湯本[温泉] なすゆもと

1件 の用語解説(那須湯本[温泉]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

なすゆもと【那須湯本[温泉]】

栃木県那須郡那須町にある温泉。那須岳南東麓の那須高原に広がる那須温泉郷の中心をなす。酸性ミョウバン泉,70℃。源泉は湯川の谷に湧出する〈鹿の湯〉で,湯川西岸の高台に温泉街が形成されている。古くから湯治場として知られ,湯川沿いにある元湯の共同浴場では,時間湯が決められ,あるいは湯長の指揮のもとに〈湯もみ〉をするなど昔ながらの浴法が行われている。また湯ただれをなおす〈喜楽湯〉もある。付近には那須与一源平合戦に際して祈念したと伝える温泉(ゆぜん)神社や九尾の狐の伝説で知られる殺生石などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone