コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須高原 なすこうげん

4件 の用語解説(那須高原の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須高原
なすこうげん

栃木県北部,那須火山群の南東に広がる高原。那須火山群火山灰などの噴出物におおわれ,南東に傾斜し,標高は約 300~1250m。那珂川の支流が樹枝状の谷を形成。高原の北西部に那須温泉郷があり,またスキー場やゴルフ場の開発,観光道路の設置により,四季を通じての観光・行楽地となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なす‐こうげん〔‐カウゲン〕【那須高原】

栃木県北部、那須岳南東麓の那珂川以北に広がる高原。那珂川の支流が樹枝状の浸食谷を形成している。観光・酪農が盛ん。また、土地改良による水田が一部に見られる。那須御用邸がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なすこうげん【那須高原】

栃木県北部,那須岳(1917m)の南東麓に広がる高原。標高1200mをこえる大丸(おおまる)温泉付近から標高300~400mの国道4号線付近までの扇形に広がるすそ野を指し,那須町の一部をなす。那珂(なか)川をはさんで南に那須野原開析扇状地が接する。那須火山群の噴出した火山砕屑物からなり,表面はローム質の赤土または黒土でおおわれる。那珂川支流の余笹(よささ)川などによって谷が刻まれる。夏は冷涼であるが,冬は北西風が強く,大部分が林野となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那須高原
なすこうげん

那須火山群の南東に広がる高原で、大部分は栃木県那須郡那須町に属する。那須火山群の火山灰などの噴出物に覆われ、那珂(なか)川の支流が樹枝状の侵食谷を形成している。多くは林野で、中部、南東部に小さい水田帯がある。第二次世界大戦前は牧馬、畑作中心の農業が行われていたが、戦後、集団開拓地が広がり、酪農または稲作中心の農業にかわった。那須火山群山麓(さんろく)に那須温泉群があり、付近に県道17号、266号、290号が通り、東部に東北自動車道、国道4号、JR東北新幹線、東北本線が走る。春の新緑、ツツジから冬のスキーまで、一年中観光行楽地となり、観光開発が進んでいる。那須御用邸、休暇村那須もある。[奥田 久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

那須高原の関連キーワード那須温泉郷那須湯本温泉三斗小屋温泉那須栃木県那須郡那須町芦野栃木県那須郡那須町大島栃木県那須郡那須町高久丙栃木県那須郡那須町寺子栃木県那須郡那須町栃木県那須郡那須町湯本

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那須高原の関連情報