コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那須温泉郷 なすおんせんきょう

4件 の用語解説(那須温泉郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那須温泉郷
なすおんせんきょう

栃木県北部,那須岳山麓に分布する温泉群。那須塩原市那須町にまたがる。那須湯本温泉,新那須温泉高雄温泉八幡温泉弁天温泉,旭温泉,北温泉,大丸温泉に,三斗小屋温泉板室温泉を加えた十湯の総称である。泉質は単純泉が多いが,重炭酸土類泉,硫黄泉,明礬泉,酸性泉などがあって豊富。泉温も高く,湯量も多い。標高 1000mをこえる高原に位置する温泉が多く,避暑のみならず,四季を通じて観光・レクリエーションの基地となる。那須高原の別荘地,ゴルフ場の開発や観光道路の設置により,日光国立公園内に一大観光地域を形成するにいたった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

なす‐おんせんきょう〔‐ヲンセンキヤウ〕【那須温泉郷】

栃木県北部、那須岳山腹の温泉群。那須湯本・高雄・弁天・大丸・北・板室・三斗小屋(さんどごや)の温泉を那須七湯、さらに新那須・八幡・旭を加えて那須十湯とよぶ。泉質は主に単純温泉炭酸水素塩泉硫黄泉など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

那須温泉郷【なすおんせんきょう】

栃木県那須町,那須岳南東麓の標高1000m前後の高原にわく温泉群。中心の那須湯元をはじめ新那須,高雄,八幡,大丸(おおまる),板室などいわゆる那須十湯があり,主として単純泉。
→関連項目黒磯[市]那須[町]那須岳

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

那須温泉郷
なすおんせんきょう

栃木県北部、那須郡那須町にある那須湯本温泉を中心とする温泉群。茶臼(ちゃうす)岳を中心とする那須火山群山腹の南東斜面に位置する。温泉群の開発は古いが、中心が那須湯本に置かれるようになったのは安政(あんせい)年間(1854~1860)以降のこと。那須湯本を含む高雄(たかお)、弁天、大丸(おおまる)、北、板室(いたむろ)、三斗小屋(さんどごや)(那須塩原市の飛び地)の各温泉は那須七湯(なすななとう)とよばれ、最近ではさらに新那須、旭(あさひ)、八幡(やわた)を加えて、那須十湯ともよばれる。泉質は単純温泉ないし硫黄泉で、泉温にはかなり幅がある。[櫻井明久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の那須温泉郷の言及

【那須高原】より

…中部,南東部では第2次大戦前には軍馬の放牧や畑作が行われたが,戦後,集団開拓地が各所に立地し酪農や稲作を主体とする農業が行われる。北西部には,那須湯本温泉をはじめ,大丸温泉(単純泉,40~76℃),弁天温泉(単純泉,30~50℃),北温泉(単純泉,50~57℃),旭温泉(単純泉,70℃),八幡(やはた)温泉(単純泉,62℃),高雄温泉(硫黄泉,39℃),新那須温泉(単純泉,40~70℃)などの那須温泉郷の大部分がある。付近にはスキー場,ゴルフ場,那須国民休暇村,那須御用邸などがあり,別荘地の開発もすすんでいる。…

※「那須温泉郷」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那須温泉郷の関連情報