コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪命外道 じゃみょうげどうĀjīvika; Ājīvaka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

邪命外道
じゃみょうげどう
Ājīvika; Ājīvaka

ベーダ聖典を権威とするバラモン系の哲学に対抗し,異端者とみなされたインドの6人の自由思想家 (六師外道) の一人であるゴーサーラに代表される派。彼の説では,生物を構成する要素として霊魂,地,水,火,風,虚空,得,失,苦,楽,生,死を考え,輪廻も解脱もともに無因無縁で,運命,状況,本性に支配されながら人々は定まった期間に輪廻するのであり,その間の修行は解脱と無関係であるという。のちジャイナ教に吸収されたが,南インドでは 13世紀頃まで存続していた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邪命外道
じゃみょうげどう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone