業苦(読み)ゴウク

デジタル大辞泉の解説

ごう‐く〔ゴフ‐〕【業苦】

仏語。過去に行った悪(あくごう)のために、現世で受ける苦しみ
[補説]書名別項。→業苦

ごうく【業苦】[書名]

嘉村礒多の短編小説。昭和3年(1928)1月、「不同調」誌に発表。昭和5年(1930)刊行の作品集「崖の下」に収録。妻子を捨て駆け落ちした著者自身の生活が投影された私小説で、宇野浩二に高く評価された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうく【業苦】

〘仏〙 前世の悪業あくごうがもととなって現世で受ける苦しみ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android