コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷 誠之助 ゴウ セイノスケ

20世紀日本人名事典の解説

郷 誠之助
ゴウ セイノスケ

明治〜昭和期の実業家,財界人 日本経済連盟会会長;日本商工会議所会頭;貴院議員。



生年
元治2年1月8日(1865年)

没年
昭和17(1942)年1月19日

出生地
美濃国岐阜(岐阜県岐阜市)

学歴〔年〕
ハイデルベルク大学

学位〔年〕
哲学博士

経歴
明治17年ドイツに留学、7年余、ヘーゲル、ミルなどを研究。23年帰国後、農商務省の嘱託。28年日本運送社長となり、その再建を果たす。その後、日本メリヤス取締役、日本鋼管社長、入山採炭社長、王子製紙取締役などを歴任し、いずれも再建に成功。王子製紙では新聞用紙の国産に成功するなどその手腕が高く買われた。43年日本醬油醸造経営には失敗したが、44年東京株式取引所の理事長に就任。大正2年東京商業会議所特別議員、6年日本工業倶楽部の創立に参加し専務理事、11年日本経済連盟会常務理事、昭和5年日本商工会議所会頭。その後東京電燈の整理も手がけた。内閣参議大蔵省顧問のほか、全国産業団体連合会、日本経済連盟会、日本貿易振興会の各会長を兼任。財界の集まり番町会の親分的リーダーであった。父の死後男爵を襲爵、明治44年から終生、貴院議員を務めた。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone