コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミル ミルMill, Hugh Robert

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミル
Mill, Hugh Robert

[生]1861.5.28. サーソ
[没]1950.4.5. イーストゲインステッド
イギリスの地理学者,気象学者。また海洋学南極探検の権威者。エディンバラ大学に学び,1886年海水の化学的研究で学位を取得。 92年王立地理学会図書館司書となり,海洋学と南極探検の研究に専念。 1901~19年イギリス降雨協会を主宰,27~31年王立地理学会名誉事務局長をつとめた。主著に『自然の領域』 The Realm of Nature (1891) ,『イギリスの湖沼』 The English Lake (95) がある。

ミル
Mill, James

[生]1773.4.6. ノースウォーターブリッジ
[没]1836.6.23. ロンドン
イギリスの歴史家,経済学者,哲学者。 J.S.ミルの父。エディンバラ大学卒業後,ロンドンで評論家として活動中,ベンサムリカードと知合い,功利主義とリカードの学説の普及に努めた。『英領インド史』 History of British India (3巻,1817) が機縁となって東インド会社に入社。ほかに,友人ベンサムの思想を連想心理学の立場から擁護した『人間精神の現象分析』 Analysis of the Phenomena of the Human Mind (29) がある。

ミル
Mill, John Stuart

[生]1806.5.20. ロンドン
[没]1873.5.8. アビニョン
イギリスの思想家経済学者。 J.ミルの長男。父の厳格な教育を受けて育ち,10代から哲学的急進派の論客として活躍。 1823年ロンドンの東インド会社に入社,56年まで在職。 26年の精神的危機を転機として,それまでの狭義のベンサム主義から脱してドイツの人文主義や大陸の社会主義,コント思想などにも関心を寄せるようになる。 65~68年下院議員となり,社会改革運動にも参加。社会科学も含めた科学方法論書でもある『論理学大系』A System of Logic (2巻,1843) 公刊後,19世紀中葉の経済学の再編成期にあたり『経済学原理』 Principles of Political Economy (48) で古典派経済学の体系を独自の方法で整理し,生産法則と分配法則とを分離して,前者を歴史を貫く不変の原則とし,後者は社会進歩とともに変革しうると説き,静学と動学の区別を導入し,労働階級の将来を論じ,定常状態に独自の解釈を加えるなど,かなりの期間大きな影響力をもった。『功利説』 Utilitarianism (63) で快楽に質の差を導入したことでも著名。政治論では代議制と行政上の分権制の意義を強調した。ほかに『自由論』 On Liberty (59) ,遺稿『ミル自伝』 Autobiography (73) ,遺稿『社会主義論』 Chapters on Socialism (79) など著書,論文多数。トロント大学によりミルの『全集』 Collected Works of John Stuart Millが刊行されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミル(mil)

ヤードポンド法の長さの単位。1ミルは1000分の1インチで、0.0254ミリ。

ミル(Mill)

(James ~)[1773~1836]英国の哲学者・経済学者。ベンサム功利主義を継承。著「英領インド史」「経済学綱要」。
(John Stuart ~)[1806~1873]英国の哲学者・経済学者。の子。哲学では経験論を継承して帰納法を大成、ベンサムの功利主義を修正した。経済学ではスミスリカードを継承し、古典派経済学の再編成を試みた。著「論理学体系」「経済学原理」「自由論」など。

ミル(mill)

粉砕器。「コーヒーミル
回転を利用した工作機械。「ローリングミル

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ミル

英国の思想家,経済学者。J.S.ミルの父。ベンサムの友人で,彼の功利主義哲学を普及させ,それを心理学的に基礎づけ,またリカードの経済学の通俗化に寄与した。《イギリス領インド史》(1817年―1818年)を著し,晩年東インド会社に就職。

ミル

英国の哲学者,古典学派経済学者。J.ミルの長男で幼年より天才教育を受けた。長く東インド会社に勤務。功利主義運動に従事したが,功利哲学に疑問をいだき一種の理想主義に転じ,功利哲学の演繹(えんえき)法に対して実証的な帰納法の論理をも展開する《論理学体系》(1843年)を著し,その方法を適用,リカードを修正して《経済学原理》(1848年)を執筆した。
→関連項目天野為之功利主義古典派政治学租税義務説中村正直ブランデス

ミル

緑藻類ミル科の海藻寒流の影響の少ない日本各地の沿岸の潮間帯下部に生育。数回叉状(さじょう)に分岐して,全体は扇形となり,ビロードのような手ざわりで高さ10〜30cm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

海藻海草標本図鑑の解説

ミル

からだは円柱状で,規則正しく叉状に分岐し,分叉枝はほぼ同一の長さになり,全体で扇状となる。基部は直径 1〜2cmぐらいまでの盤状である。手触りはフエルト状でザラザラするが,これはからだがミル属の特徴である小さな嚢状の細胞が集まってできた多核嚢状体 であるため。小嚢は棍棒状で先端が写真のように尖っており,細胞壁はやや厚い。生体は暗緑色〜深緑色だが,浅いところに生育するものは水中では明るい黄緑 色に見える部分もある。ミル属の藻体を押し葉標本にする場合は,熱湯で湯通しを行なった方が台紙につきやすく,塩抜きが充分に行なえる。しかし,ミルの台 紙への付着は不十分で,しばしば剥がれやすくなってしまう事がある。属名「Codium」は中性名詞で,ギリシャ語の「codion(絨毛(じゅうもう≒柔らかい毛)の如き皮)またはcodeia(頭)」に由来するという。種小名「fragile」は「脆い,弱い,砕けやすい,虚弱な」の意味。ミ ルの形は模様としても使われており,海松文(みるもん)と呼ばれる。また,ミルは日本では飛鳥・奈良時代よりも前から食用とされており,税として収められ ていた証拠の木管も出土し,大宝律令(701年)にも税の対象として「海松」が記されている。ミルの深緑色は日本では古来より海松色(みるいろ)と呼ばれ ており,日本人は昔からこの独特の深緑色を認識していたようである。ミルは体内では赤い色をしているシホナキサンチンという光合成色素を多量に持つためこ のような深緑色を呈しているのである。シホナキサンチンについてはヤブレグサのページを参照されたい。

出典|千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ミル【Mill】

古い盤上ゲームで,ナイン・メンズ・モリスNine Men’s Morris,モリス,三目並べなど,さまざまの名でよばれている。前1400年ころのエジプトの神殿の天井に,このゲーム盤と同型のきざみ目が残っていることから,ゲームの起源をこの時点までさかのぼらせる説もある。14世紀には広くヨーロッパで行われ,W.シェークスピアの《夏の夜の夢》にも登場する。ゲームは図のような型のゲーム盤(あるいは単に地面などに筋を引くだけのこともある)を用いて,2人で行う。

ミル【James Mill】

1773‐1836
イギリス功利主義の代表者の一人で,J.ベンサムの協力者として学派の形成に貢献した。経済学者としても知られる。長男J.S.ミルに,功利主義の継承者たらしめるべく厳しい早教育をほどこしたのも,その一端である。スコットランドの農村の貧しい靴屋の家に生まれたが,ある裁判官がその才能を惜しんでエジンバラ大学で神学を学ばせた(1790‐97)。説教の免許を得て巡回説教をやってみたものの,人気がなく,職を求めてロンドンにでたミルは,ジャーナリストとして成功し,1808年にはベンサムを知って,その最初のイギリス人の弟子となった。

ミル【John Stuart Mill】

1806‐73
イギリス19世紀中葉の代表的な哲学者,経済学者。とくに,その晩年に書かれた《ミル自伝》によって,幼少時からの一生を通じる思想展開を詳細に後づけることが可能な数少ない例として知られている。父ジェームズ・ミルの異常ともいえる教育熱心によって,3歳からギリシア語を,8歳からラテン語を学び,12歳までに多くの古典を読んだ。この間に初等幾何学代数学ならびに微分学初歩を学び,13歳のときには経済学の課程まで終えていたという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミル【mil】

ヤード-ポンド法の長さの単位。一インチの1000分の1。

ミル【Mill】

〔James M.〕 (1773~1836) イギリス古典学派の経済学者。の父。ベンサムの功利主義と、リカードの経済学の普及に努めた。主著「経済学綱要」
〔John Stuart M.〕 (1806~1873) イギリスの哲学者・経済学者。の長男。ロマン主義の影響下、ベンサムの功利主義を修正して質的快楽主義を唱える一方、帰納法の論理を完成して社会科学に貢献。経済学については社会主義思想の高まりの中で改良主義の立場からリカード分配法則を中心に修正を施した。著「経済学原理」「自由論」「論理学大系」「女性の隷従」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

食器・調理器具がわかる辞典の解説

ミル【mill】

コーヒー豆、粒こしょう、茶葉などの乾燥した食品を粉砕して粉状にする器具。コーヒー用を「コーヒーミル」、こしょう用を「ペッパーミル」という。電動式で攪拌(かくはん)機能もあり、乾燥した食品以外にも使えるものもある。

出典|講談社食器・調理器具がわかる辞典について | 情報

現代外国人名録2012の解説

ミル
Mir


国籍
韓国

専門
歌手

グループ名
ループ名=MBLAQ(エムブラック)

生年月日
1991/3/10

出生地
韓国

経歴
2009年韓国のトップアーティスト、ピ(RAIN)プロデュースで男性5人組ボーカルグループ・MBLAQとしてデビュー。他のメンバーは、スンホ(リーダー)、ジオ、ジュン、チョンドン。2010年第17回大韓民国芸能芸術賞グループ歌手賞受賞。2011年5月日本デビューシングル「Your Luv」リリース記念のイベントで4万6500人を動員。“ヴァンパイア系”“シックドル”の異名をとる。

受賞
大韓民国芸能芸術賞(グループ歌手賞,第17回)〔2010年〕

出典|日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について | 情報

世界大百科事典内のミルの言及

【功利主義】より

…中産階級の人々にとっては〈幸福〉の具体的内容についての大体共通する理解があったからである。 ベンサムの強い影響を受けたJ.ミルは,ベンサムの思想を整理し,その宣伝に努めた。そして《人間精神の現象の分析》(1829)を書いて,功利主義をハートリーDavid Hartley(1705‐57)の連合心理学によって基礎づけようとした。…

【セーの法則】より

…実際,ナポレオン戦争後の恐慌(1817‐19)の際,J.C.シスモンディやT.R.マルサスが全般的過剰生産が起こりうることを認め,いわゆる過少消費説(〈恐慌〉の項参照)を主張したのに対し,セーは上述の理解から,ただ生産部門間の不均衡による部分的過剰生産を認めただけで全般的過剰生産を否定し,前2者とのあいだに〈市場論争〉と呼ばれる論争を展開した。この論争にはD.リカードやJ.ミルも参加し,全般的過剰生産を否定するセーの見解に賛意を表した。 この論争自体は,恐慌を資本主義的生産様式の矛盾の現れとして最初に問題にしたものとして注目されるが,しかしセーの販路説は,もともと主観的な効用価値説を基礎としており,A.スミスやリカードの労働価値説を継承してその上に展開されたものではなかった。…

【民主主義】より

…そして,こうしたルソーのむしろ断片的受容にみられるように,この時期のフランスでは,民主主義という言葉は,解放の希望を表す言葉ではあっても,建設の原理を具体的に示す言葉ではなかった。
[J.ベンサムとJ.ミル]
 19世紀前半に民主主義を国家の新しい積極的な制度論原理にしようと試みたのは,J.ベンサム,J.ミル(J.S.ミルの父)の2人のイギリス功利主義者であった。まずベンサムは,世紀初めに書かれた《憲法典》で,人民主権の立場から,婦人も含めた普通選挙制を主張した。…

【ロンドン大学】より

…ロンドンにあるイギリス最大の大学。1826年,急進主義者のH.P.ブルームJ.ミル,それに非国教徒が中心になって,ロンドンに宗教色のないユニバーシティ・カレッジが設立(1828開校)され,ついで28年,それに対抗して国教会によりキングズ・カレッジが設立(1831開校)された。この二つのカレッジは,イングランドに生まれた最初の市民大学で,中流階級の子弟を対象に,自然,社会,人文の各分野にわたる諸学科を幅広く教授し,この点で中世以来のオックスフォード大学ケンブリッジ大学とは著しい対照をなした。…

【科学哲学】より

…F.ベーコンの科学方法論への洞察,ロックの実験的精神,D.ヒュームの因果性の分析,G.バークリーの知覚論,さらに,新カント学派諸家の科学批判などはすべてこのような背景の中から生まれたものである。また,科学方法論を直接テーマとしたのはJ.S.ミルであった。科学的帰納推理に関する彼の研究は現代科学哲学の一つの源流と考えられる。…

【経済学説史】より

…古典派経済学は,さらに《経済学および課税の原理》(1817)の著者D.リカード,《人口論》(1798),《経済学原理》(1820)などを著し,有効需要の問題を重視して後にケインズに評価されたT.マルサスなどにより展開されていく。そして,古典派経済学の最後の巨峰はJ.S.ミルであり,その著《経済学原理》(1848)は古典派経済学の完成の記念碑である。 スミスは,商品の交換比率は生産に必要な労働量によって決まるという投下労働価値説を,土地所有と資本蓄積のない未開社会にのみ認め,土地所有と資本蓄積のある社会については長期的な需要と供給の均衡により,賃金,地代,利潤の自然率の和として商品の自然価格が決定されるものとした。…

【厳復】より

…生存競争,優勝劣敗による進化という社会進化的観念は,当時の知識人に中国は亡国の危機にさらされているという意識をよびおこし,桐城派古文の典雅な文章とあいまって,《天演論》は青年たちに暗誦されるほど歓迎され,彼の名を不朽のものにした。それ以後彼は,アダム・スミス《原富》(1902,《国富論》),ミル《群己権界論》(1903,《自由論》),ミル《穆勒(ぼくろく)名学》(1905,《論理学体系》),モンテスキュー《法意》(1904‐09,《法の精神》)など多くの翻訳を出版し,西欧近代の学術的成果を紹介した。しかし,辛亥革命(1911)以後は,しだいに伝統思想へ接近してゆき,袁世凱の帝制運動を助けるなど,かつての名声も地に落ち,1921年,五・四新文化運動のさなか,病没した。…

【功利主義】より

…中産階級の人々にとっては〈幸福〉の具体的内容についての大体共通する理解があったからである。 ベンサムの強い影響を受けたJ.ミルは,ベンサムの思想を整理し,その宣伝に努めた。そして《人間精神の現象の分析》(1829)を書いて,功利主義をハートリーDavid Hartley(1705‐57)の連合心理学によって基礎づけようとした。…

【古典派経済学】より

…古典派経済学(略して古典派あるいは古典学派ともいう)とは一般に,18世紀の最後の四半世紀から19世紀の前半にかけイギリスで隆盛をみる,アダム・スミスリカードマルサスJ.S.ミルを主たる担い手とする経済学の流れをさしている。D.ヒュームらアダム・スミスの先行者や19世紀のJ.ミル,J.R.マカロック,R.トレンズ,ド・クインシー,S.ベーリー,N.W.シーニアー,S.M.ロングフィールドらをどう扱うか,またJ.S.ミルに後続するフォーセットHenry Fawcett(1833‐84)やケアンズJohn Elliot Cairnes(1823‐75),フランスのセーやシスモンディをどう扱うかについて,多少考え方の相違があるが,おおむねこれらの人たちも含まれる。…

【実証主義】より

…そして実証的とは〈破壊する〉ことでなくて〈組織する〉ことであると説き,人間の知識と行動は〈神学的〉―〈形而上学〉―〈実証的〉になるという〈3段階の法則〉を提示し,社会現象についての実証的理論を〈社会学sociologie〉,実証的知識に基づいて自然界,精神界,社会界を全体的に一貫して説明する理論を〈実証哲学philosophie positive〉と呼んだ。 コントの説はイギリスのJ.S.ミルに高く評価され,ミルは《コントと実証主義》(1865)を書き,〈コントこそは実証主義の完全な体系化を企て,それを人間の知識のあらゆる対象に科学的に拡大した最初の人であった〉と述べた。これ以降,実証的すなわち科学的という通念が世界的に普及した。…

【資本】より

…D.リカードとその追随者およびオーストリア学派によれば,資本は過去の労働の蓄積である。資本の量については,たとえばリカードは投下労働の量を,J.S.ミルは生存資料の量を,そしてE.vonベーム・バウェルクは平均生産期間の概念,つまり労働が生産過程内にとどまる平均の時間を考えるというようにさまざまであるが,基本となる考え方は同じである。これは,過去のさまざまな時点において生産に投下された労働を,たとえば1年前の労働と2年前の労働というように互いに異なる労働として取り扱うならば,生産と分配の定量分析においても有効な考え方である。…

【女性史】より

…女性の状態を歴史的時間のなかで検証しようとする発想は,19世紀の産物であった。フランスの空想的社会主義者フーリエは《四運動の理論》(1808)で,社会の進歩と女性の解放は比例するといい,イギリスの功利主義者ジョン・スチュアート・ミルは《女性の隷従》(1869)で,奴隷制から自由な社会へという人類史の延長線上に女性解放をおこうとした。《恋愛と結婚》(1903)を書いたスウェーデンのE.ケイは,歴史は恋愛と結婚の自由に向かって進んできたとする立場から女性解放の方向性を示した。…

【心理学主義】より

…心理主義ともいう。J.S.ミルやブント,T.リップスらがその代表者。この立場は,普遍妥当的な真理や価値の存在を否定して,相対主義に陥るため,新カント学派や現象学派(とくにフッサール)によって厳しく批判され,20世紀初頭に急速にその影響力を失った。…

【賃金基金説】より

…ある時期のある社会をとり,労働者の賃金に支払われる資本部分としての賃金基金は,一定額に限定されていると主張する賃金学説。19世紀のイギリスの経済学者J.S.ミルによって最も典型的に主張された。この学説に従えば,労働者一人一人が受け取る賃金は,所与の賃金基金を雇用労働者総数で割った額にしかなりえない。…

【人間科学】より

…とくに人間を精神的存在としてとらえる哲学的伝統の強かったドイツでは,経験科学の伝統の強いイギリスやフランスに対して,この矛盾に敏感であった。イギリスでは,たとえばJ.S.ミルはモラル・サイエンシズという言葉で歴史学,文献学(言語学),経済学,社会学,人類学,心理学,法学,宗教学などを含む〈人間本性に関する諸科学sciences of human nature〉を意味したが,この語はドイツ語に訳されて〈精神科学Geisteswissenschaft〉となり,やがてディルタイが客観化された精神としての〈文化〉を理解する解釈学的探求の学をこの名で呼んだ。また新カント学派のウィンデルバントやリッケルトは,〈歴史科学Geschichtswissenschaft〉〈文化科学Kulturwissenschaft〉という語で,人文諸科学を自然科学とは本質的に異なる科学として分別しようとした。…

【フェビアン協会】より

…協会が採択した《フェビアンの基礎》(1887)は,土地と産業資本の個人的・階級的所有から社会的所有への移行を目標に掲げ,社会主義的世論の普及によってこれを達成するものとした。ショーが編集した《フェビアン社会主義論文集》(1889)は,J.S.ミルやH.ジョージの,社会進歩の結果得られる不労所得としての地代(レント)概念を拡大して資本の利潤に適用し,〈経済レント〉論を展開して,生産手段の社会化によるレントの社会化を提唱した。マルクスの剰余価値概念をレントで置き換えたように,階級史観に代わって社会進化論をとり,民主的,漸進的,平和的な社会の有機的変化を強調し,個人でなく集団を自然淘汰の基礎とみなし,共通の善のための自覚的調整・適応を説いた。…

【婦人参政権運動】より

…だが婦人参政権運動が本格化したのは1865年以降であった。同年,婦人参政権を公約の一つとしたJ.S.ミルが下院議員に当選し,66年には1499人が署名した婦人参政権の請願がミルの手を通じて下院に提出された。しかし,翌年196対73で否決された。…

【民主主義】より

…そして,こうしたルソーのむしろ断片的受容にみられるように,この時期のフランスでは,民主主義という言葉は,解放の希望を表す言葉ではあっても,建設の原理を具体的に示す言葉ではなかった。
[J.ベンサムとJ.ミル]
 19世紀前半に民主主義を国家の新しい積極的な制度論原理にしようと試みたのは,J.ベンサム,J.ミル(J.S.ミルの父)の2人のイギリス功利主義者であった。まずベンサムは,世紀初めに書かれた《憲法典》で,人民主権の立場から,婦人も含めた普通選挙制を主張した。…

【倫理学】より

… 次に倫理学と論理学との関係についていえば,すぐれて近代的な論理学は,数学的自然科学の論理学,すなわち数学的自然科学の認識論的基礎づけというかたちで,カントによって一応成就された。それに対し,論理学を明確に精神的・社会的な諸科学の論理学というかたちで形成した最初の者は《論理学体系》におけるJ.S.ミルである。だが,その種の観点をさらに徹底させて,論理学と倫理学との関連を確定し,倫理学を明確に精神科学の論理学として把握したのはH.コーエンである。…

※「ミル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミルの関連キーワードミルミルファミリー運動靴と赤い金魚サーキュラーミルドルガノ・ネネツ小間使いの日記ローリングミルmilドメインピオピオタヒミルミル坊や気流式粉砕機コーヒー挽きコーヒー豆オカヒジキミルバード構成心理学GOPAN自由之理イーヨーカラクルミルママ

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ミルの関連情報