コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都井睦雄 とい むつお

1件 の用語解説(都井睦雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都井睦雄 とい-むつお

1917-1938
大正6年3月5日生まれ。岡山県津山市北方の西加茂村の人。小学校の成績は優秀だったが家庭の事情で進学できず,病身のため徴兵検査も丙種とされ,自暴自棄になる。昭和13年5月21日祖母をはじめ村人30人を殺害し,猟銃自殺。22歳。「津山三十人殺し」として全国に衝撃をあたえ,横溝正史の「八つ墓村」はこの事件がヒントになった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の都井睦雄の言及

【津山事件】より

…現場が岡山県津山市に近い苫田郡西加茂村(現,加茂町)なので,この名がある。犯人の都井睦雄(1915‐38)は,元来,敏感・繊細で,祖母と姉を敬慕していたが,肺結核の罹患,徴兵検査の不合格,異性関係の挫折などから内面の葛藤が強まり,20歳ごろ自殺観念が生ずる。ついで,この観念を母体にして村人への復讐および殺人衝動が芽生え,周到な計画・訓練・予行ののち,ついに1938年5月21日午前2時,実行に移る。…

※「都井睦雄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

都井睦雄の関連キーワード小坂芝田梅若恭行稀音家浄観(初代)杵屋正次郎(5代)高橋伝吾玉井清太郎弾琴緒野沢錦糸(4代)的野半介山根一貫

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone