コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都甲多平 とごう たへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都甲多平 とごう-たへい

?-1674 江戸時代前期の武士。
肥後熊本藩士。幕府が諸藩に命じた江戸城西丸の普請の際,熊本から石材をつんだ船の到着がおくれたため,肥前佐賀藩の船の石材をうばって工事を完成させた。うったえられ拷問をうけたが自白せず,ついにゆるされたという。延宝2年10月27日死去。名は秋門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

都甲多平の関連キーワードシバージーシバージー農業革命ボアローマラータ王国井上播磨掾岡島冠山加藤盤斎狩野探幽如儡子

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android