コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭大威 てい たいい

2件 の用語解説(鄭大威の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭大威 てい-たいい

?-? 安南(ベトナム)の貿易商。
享保(きょうほう)13年(1728)徳川吉宗の注文で雄,雌2頭の象を長崎にはこぶ。雌は同年死亡するが,翌年雄は江戸へはこばれる。この象は途中従四位をさずけられて宮中に参内し,中御門(なかみかど)天皇,霊元上皇に拝謁。江戸では待ちかねていた吉宗をよろこばせた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

鄭大威

生年:生没年不詳
江戸中期,来日した安南(ベトナム)の貿易商人。享保13(1728)年6月,ベトナムのハイフォン(広南)付近より日本(長崎)に雄,雌の象2頭を舶来した。そのうち,雌1頭は,同年9月長崎で死亡。翌年3月,雄1頭が,将軍徳川吉宗上覧のため江戸へ出立。途中京都での中御門天皇,霊元上皇への天覧に際し,この象は「従四位南白象」の位を授かった。同年5月,江戸城で吉宗が上覧。その後,この象は,四谷中野村の農民源助に預けられたが,寛保2(1742)年12月21歳で病死した。鄭はベトナム方面と日本との貿易に従事していた。<参考文献>大庭脩『江戸時代の日中秘話』

(岩崎義則)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鄭大威の関連キーワード安南語安南都護府安南焼ベトコンベトナム語安南アニオーオーストン末次平蔵(初代)船本顕定

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone