コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭州遺跡 ていしゅういせき

百科事典マイペディアの解説

鄭州遺跡【ていしゅういせき】

中国,河南省鄭州にある竜山文化期,(いん)代,戦国時代(春秋戦国時代)の遺跡群の総称。鄭州市の南東郊にある二里岡は殷代中期の代表的な遺跡で,建築基壇,竪穴(たてあな)住居跡,貯蔵穴などが発見され,土器骨器石器卜骨(ぼっこつ)など多くの遺物出土

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の鄭州遺跡の言及

【鄭州】より

…中国,河南省中部の都市。黄河の南岸近くに位置し,京広(北京~広州)・隴海(ろうかい)(蘭州~連雲港)両鉄道の交点に当たる。省政府の所在地で,全省の政治,経済,交通,文化の中心。周の初め武王が弟の管叔を封じた管国の地と伝えられ,春秋時代には鄭国の一部であった。隋のとき管城県をおいて鄭州の行政中心としたが,明に至り管城県を鄭州と改称して開封府に所属させ,清代に及んだ。中華民国は鄭県として省に直属させ,中華人民共和国では鄭州市となり,1954年以来,省政府がここに移っている。…

※「鄭州遺跡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android