コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

承天寺 じょうてんじ

百科事典マイペディアの解説

承天寺【じょうてんじ】

福岡市にある臨済宗東福寺(とうふくじ)派の寺。本尊釈迦牟尼仏。1242年少弐(しょうに)氏および博多商人射国明などが,弁円(べんえん)(聖一(しょういち)国師)を招いて建立。鎮西における弁円門下の拠点となった。絹本着色禅家六祖像(鎌倉期)・木造釈迦如来及び両脇侍像・銅鐘(清寧11年銘の朝鮮鐘)は重要文化財。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

承天寺
じょうてんじ

福岡市博多(はかた)区博多駅前にある臨済(りんざい)宗東福寺派の寺。山号は万松山(ばんしょうざん)。本尊釈迦牟尼仏(しゃかむにぶつ)。1242年(仁治3)聖一国師(しょういつこくし)円爾(えんに)弁円が宋(そう)より帰朝した際、宋人の謝国明が建立して開山に請じた寺で、1243年(寛元1)勅により官寺となった。盛時には塔頭(たっちゅう)が43院を数え盛大であったが、たびたびの火災で漸次衰退し、今日では4院(宝聚庵、天与庵、乳峰寺、祥勝院)が残るのみである。寺観は衰えたが叢林(そうりん)としていまも著名で、釈迦三尊像、絹本着色禅家六祖像、銅鐘の国重要文化財を蔵する。[平井俊榮]
『広渡正利著『博多承天寺史』(1977・文献出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

承天寺の関連キーワード高木〓(「蜀」に「犬」)鳳福岡県福岡市博多区博多駅前崇福寺(福岡市)福岡(市)安国寺恵瓊雪窓普明南山士雲乾峰士曇鴻臚館跡円爾弁円大陽義冲本庄重政潜渓処謙卍庵士顔珠巌道珍無為昭元義山等仁紹岳堅隆竜泉冷淬定山祖禅

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

承天寺の関連情報