コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭斉斗 ていさいと Chŏng Che‐du

1件 の用語解説(鄭斉斗の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ていさいと【鄭斉斗 Chŏng Che‐du】

1649‐1736
朝鮮,李朝後期の学者,朝鮮陽明学派の祖。字は士仰,号は霞谷。慶尚道延日の人。鄭夢周の後孫に当たる。朱子学が全盛をほこり,異学異端視されていた陽明学を朝鮮で初めて本格的に研究し,江華島で李匡臣,李匡師らの少論派学者たちの間にその学統を開き,李朝末の李建昌,鄭寅普にうけつがれた。かたわら天文暦学,文字学,社会制度の研究に励み,〈虚〉〈仮〉を憎む〈実学〉を実践した。しかし代表作《存心》をはじめとする彼の全著作は,陽明学者なるゆえに当時は刊行されなかった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鄭斉斗の関連キーワード高麗茶碗三浦の乱鄭麟趾李朝李朝実録倭館朝鮮通信使書堂末学非学者

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone