鄭斉斗(読み)ていさいと(英語表記)Chŏng Che‐du

世界大百科事典 第2版の解説

ていさいと【鄭斉斗 Chŏng Che‐du】

1649‐1736
朝鮮,李朝後期の学者,朝鮮陽明学派の祖。字は士仰,号は霞谷。慶尚道延日の人。鄭夢周の後孫に当たる。朱子学が全盛をほこり,異学異端視されていた陽明学を朝鮮で初めて本格的に研究し,江華島で李匡臣,李匡師らの少論派学者たちの間にその学統を開き,李朝末の李建昌,鄭寅普にうけつがれた。かたわら天文暦学,文字学,社会制度の研究に励み,〈虚〉〈仮〉を憎む〈実学〉を実践した。しかし代表作《存心》をはじめとする彼の全著作は,陽明学者なるゆえに当時は刊行されなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android