コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

配当財団 はいとうざいだん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

配当財団
はいとうざいだん

破産財団から財団債権や別除権などが弁済されることによってその財産が整序された結果,最終的に破産債権者のために配当にあてられるべきものとして確定された財産をいう。破産法上「配当スルコトヲ得ヘキ金銭」 (破産法 258) とされているのはこの配当財団をいう。講学上,法定財団実在財団 (現有財団) と対比するうえで用いられる概念である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android