コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

破産債権 はさんさいけん

5件 の用語解説(破産債権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

破産債権
はさんさいけん

破産手続によって公平平等な弁済を受けることができる債権。ある債権が破産債権として取扱われる要件は,破産者に対して破産宣告前の原因に基づいて生じたものという点である (破産法 15) 。破産手続において破産債権はすべて金銭化 (非金銭債権などは破産宣告のときに評価される額をもって破産債権の額とされる) および現在化 (期限付き債権は破産宣告のときに弁済期が到来したものとみなされる) され,原則として平等に取扱われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はさん‐さいけん【破産債権】

破産手続きにおいて、破産財団から公平な配当を要求できる債権破産手続き開始の決定以前の原因に基づいて生じた破産者に対する財産上の請求権がこれにあたる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はさんさいけん【破産債権】

破産者に対する売掛代金や賃金債権など,破産手続においてこれを届け出ることによって破産財団から公平な弁済を受けることができる債権。破産債権となるためには(破産法15条),(1)破産者の総財産から弁済されるべき対人的請求権であること,(2)金銭債権に限らないが財産上の請求権であること,(3)執行可能であること,(4)破産宣告前の原因に基づいて生じたものであることが必要である。例外として,破産宣告後に発生するもので破産債権とされるものもある(38条,57条,60条1項,61条2項,63条2・3項,65条,78条2項)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はさんさいけん【破産債権】

破産手続において、破産財団からの公平な配当を要求することができる債権。破産債権は債権確定の手続きを経て確定された債権のみが配当にあずかることができる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

破産債権
はさんさいけん

破産者に対し破産手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権を破産債権という(破産法2条5項・6項)。破産債権は、(1)破産者に対する請求権であること、(2)原則として破産手続開始前の原因に基づいて生じた請求権であること、(3)財産上の請求権であること、(4)強制できる請求権であること、がその要件である。破産債権の行使は、原則として破産手続によらなければならず(同法100条1項)、その債権の届出(とどけいで)、調査、確定(同法111条以下)の手続を経て、債権額に応じた割合配当を受けることになる。なお、調査において異議等なく確定した破産債権については、その債権表の記載は破産債権者の全員に対して確定判決と同一の効力を有する(同法124条3項)。破産手続は破産者の財産を換価して弁済する手続であるから、破産手続開始の決定により破産債権は等質化される。すなわち、弁済期未到来のものは破産手続開始のときに弁済期が到来したものとみなされるし(同法103条3項)、非金銭債権などは破産手続開始のときにおける評価額が破産債権の額となる(同法103条2項1号)。
 破産債権は破産手続における弁済の優先劣後の関係から、優先的破産債権、一般破産債権、劣後的破産債権、約定劣後破産債権の区別を設けている。一般の先取特権(民法306条~310条など)、その他一般の優先権ある破産債権(たとえば企業担保法2条)は優先的破産債権となり(破産法98条)、破産手続開始後の利息の請求権、破産手続開始後の不履行による損害賠償または違約金の請求権、罰金、科料、刑事訴訟費用、追徴金または過料の請求権(同法97条1号~7号参照)などは劣後的破産債権とされる(同法99条1項)。また、約定劣後破産債権は劣後的破産債権に後れる(同法99条2項)。[内田武吉・加藤哲夫]
『加藤哲夫著『法律学講義シリーズ 破産法』(2009・弘文堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の破産債権の言及

【破産】より

…こうして,法定財団に一致するように整理された財産が債権者に対する配当の原資となり,管財人は,一般の債権調査終了後,これを随時適当な方法で換価して(196条),配当にあてることになる。(3)破産債権 債権確定手続 破産宣告前の原因に基づいて破産者に対して財産上の請求権(破産債権)を有する者は,破産債権者として,破産手続に参加して平等の満足(配当)を受けることができる(15条)。破産債権は,破産手続によってのみ行使することができる(16条)。…

※「破産債権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

破産債権の関連キーワード財団債権相殺相殺権破産財団ファクタリング確定債権掛け代金・掛代金定期金債権転付掛代金

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

破産債権の関連情報