コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒精剤 しゅせいざいspirit

翻訳|spirit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒精剤
しゅせいざい
spirit

揮発性医薬品をエタノールまたは適当濃度の稀エタノールに溶解した液剤のことである。芳香剤として用いられるものが多い。揮発性精油のエタノール溶液は精油自体よりも微妙な芳香を放つものが多く,また芳香水剤に比べて揮発成分が多いので,芳香剤として有用である。アンモニア・ウイキョウ精は溶解性去痰薬として用いられ,サリチル酸精やトウガラシ・サリチル酸精は皮膚刺激剤として神経痛などに外用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅせい‐ざい【酒精剤】

揮発性医薬品をエチルアルコール、またはエチルアルコールと水の混液で溶かした液剤。内用及び外用に用いられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅせいざい【酒精剤】

精油など揮発性医薬品をエチルアルコールで溶かした液剤。内用薬・芳香剤に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒精剤
しゅせいざい

揮発性医薬品をエタノール(エチルアルコール)またはエタノールと水の混液で溶かした液剤。内用および外用に用いられる。内用では芳香剤として用いる。アンモニア・ウイキョウ精がその例である。外用ではサリチル酸を含むものが多い。クロラール・サリチル酸精、サリチル酸精、複方サリチル酸精、複方サリチル酸メチル精、トウガラシ・サリチル酸精、ホルマリン・サリチル酸精、ヨード・サリチル酸フェノール精、複方ヨード・トウガラシ精などがその例である。[幸保文治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酒精剤の関連キーワードチンキ剤内用薬剤形

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

酒精剤の関連情報