内用(読み)ないよう

精選版 日本国語大辞典「内用」の解説

ない‐よう【内用】

〘名〙
々の用事。個人的な用事。また、うちわの入費。内証の借金。
※浮世草子・好色二代男(1684)三「銭壱貫の無心〉次第に二十両・三十両の御内用(ナイヨウ)こされ」
明暗(1916)〈夏目漱石〉四三「別に内用(ナイヨウ)のお薬は召し上らないでも差支ないので御座います」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内用」の解説

ない‐よう【内用】

[名](スル)
内々の用事。
内服」に同じ。「漢方薬内用する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android