酸化還元電極(読み)さんかかんげんでんきょく(英語表記)oxidation‐reduction electrode

世界大百科事典 第2版の解説

さんかかんげんでんきょく【酸化還元電極 oxidation‐reduction electrode】

溶液中に存在する一対の酸化体Oxと還元体Redとが,化学的に不活性な電極面で酸化還元反応 Ox+ne⇄Red(eは電子,nは反応に関与する電子の数)を行うような電極系。この電極の平衡電極電位をとくに酸化還元電位という。Fe2+およびFe3+を含む水溶液中に白金や金のような不活性電極を挿入した系やキンヒドロン電極などが代表的な例である。これらの系の電極相は,単に電子を供給する容器としての役割を演じているだけで,電極相中の物質が電極反応に直接関与するものではない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android