玉虫/吉丁虫(読み)タマムシ

デジタル大辞泉の解説

たま‐むし【玉虫/吉虫】


㋐甲虫目タマムシ科の昆虫。体長約3.5センチ。体は紡錘形。翅(はね)は緑色の地に紅紫色の縦縞があり、金属光沢があって美しく、古くから装飾に用いられた。幼虫は桜・ケヤキなどの材部を食害する。本州以南から台湾に分布。やまとたまむし。 夏》「―の光残して飛びにけり/虚子
㋑タマムシ科の昆虫の総称。体は紡錘形で堅く、足は短い。主に黒色で、青緑色や赤色の金属光沢のある種もある。
イラガ幼虫タナゴ釣りのえさにする。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たまむし【玉虫】

コウチュウ目の昆虫。体は紡錘形で体長3~4センチメートル。全体に金属光沢があり、金緑色の地に銅紫色の二つの縦条が走る。幼虫はエノキ・サクラ・ケヤキなどの材部を食害する。美しい上ばねは各種の装飾・装身具に用いられ、玉虫厨子は、有名。本州以南に分布。ヤマトタマムシ。 [季] 夏。 《 -の光を引きて飛びにけり /虚子 》
コウチュウ目タマムシ科の甲虫の総称。
「玉虫色」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

玉虫 (タマムシ)

学名:Chrysochroa fulgidissima
動物。タマムシ科の昆虫

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android