コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸欠事故 さんけつじこ

1件 の用語解説(酸欠事故の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

酸欠事故【さんけつじこ】

地下工事現場などで起こる酸素欠乏症。ふつう大気中の酸素量は約21%だが,16〜12%で頭痛,耳鳴り吐き気,頻脈,呼吸数増加などが起こり,14〜10%で呼吸困難や判断力低下を呈し,10%以下では意識不明,痙攣(けいれん),チアノーゼを,6〜8%になると8分以内に死亡する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の酸欠事故の言及

【換気】より

…これは,1000kcalの発熱に対して約40m3の換気量となる。いわゆる酸欠事故は,特殊な環境における酸欠空気によるものもあるが,換気不良の室内開放型燃焼器具の不完全燃焼による一酸化炭素中毒であることが多い。【貝塚 正光】。…

※「酸欠事故」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

酸欠事故の関連キーワード酸欠空気胃酸欠乏症アスコルビン酸欠乏症栄養欠乏症セレン欠乏症ビタミンC欠乏フッ素欠乏毛髪色素欠乏毛髪色素欠乏症

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone