コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸欠事故 さんけつじこ

百科事典マイペディアの解説

酸欠事故【さんけつじこ】

地下工事現場などで起こる酸素欠乏症。ふつう大気中の酸素量は約21%だが,16〜12%で頭痛,耳鳴り吐き気頻脈呼吸数増加などが起こり,14〜10%で呼吸困難や判断力低下を呈し,10%以下では意識不明,痙攣(けいれん),チアノーゼを,6〜8%になると8分以内に死亡する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の酸欠事故の言及

【換気】より

…これは,1000kcalの発熱に対して約40m3の換気量となる。いわゆる酸欠事故は,特殊な環境における酸欠空気によるものもあるが,換気不良の室内開放型燃焼器具の不完全燃焼による一酸化炭素中毒であることが多い。【貝塚 正光】。…

※「酸欠事故」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酸欠事故の関連キーワード液体窒素酸欠

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android