コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸欠事故 さんけつじこ

1件 の用語解説(酸欠事故の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

酸欠事故【さんけつじこ】

地下工事現場などで起こる酸素欠乏症。ふつう大気中の酸素量は約21%だが,16〜12%で頭痛,耳鳴り吐き気,頻脈,呼吸数増加などが起こり,14〜10%で呼吸困難や判断力低下を呈し,10%以下では意識不明,痙攣(けいれん),チアノーゼを,6〜8%になると8分以内に死亡する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の酸欠事故の言及

【換気】より

…これは,1000kcalの発熱に対して約40m3の換気量となる。いわゆる酸欠事故は,特殊な環境における酸欠空気によるものもあるが,換気不良の室内開放型燃焼器具の不完全燃焼による一酸化炭素中毒であることが多い。【貝塚 正光】。…

※「酸欠事故」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone