コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

采石磯 さいせきき Cai-shi-ji; Ts`ai-shih-chi

1件 の用語解説(采石磯の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

采石磯
さいせきき
Cai-shi-ji; Ts`ai-shih-chi

中国,安徽省東部の揚子江右岸,南京の南西約 50kmにある小邑。古く採石場だったのでこの名が生じた。牛渚山の北にあたり,その先端が揚子江に突出している。北に南京,南に蕪湖 (ぶこ) を控え,対岸に和州を望む要地のため,隋は赭圻 (しゃき) 鎮をおき,唐は采石戍と改め,宋は采石鎮とし,以後も巡司や税務がおかれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の采石磯の言及

【馬鞍山】より

…市の南西,翠螺山が長江に没する地点は急崖をなし,古くから長江を扼(やく)する要衝の一つであった。かつて金牛が渚岸より出現したため牛渚磯,また五彩の石を産するところから采石磯と呼ばれ,南京の燕子磯,湖南岳陽の城陵磯と並んで長江三磯と称される名勝である。唐の李白は晩年ここに暮らし,船中で水に映る月をとらえようとして溺死したと伝えられ,それを記念した太白楼,捉月台などがある。…

※「采石磯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

采石磯の関連キーワード揚子江安徽烏江江東潯陽巫山南京料理蕪湖滁州馬鞍山