コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蕪湖 ぶこ

百科事典マイペディアの解説

蕪湖【ぶこ】

中国,安徽省東部,長江右岸の河港都市。寧銅(南京〜銅陵),淮南(蚌埠〜裕渓口),皖【かん】(蕪湖〜貴渓)3鉄路の連絡点。水陸交通の要地で,付近の物産,特に米を集散する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶこ【蕪湖 Wú hú】

中国,安徽省東部,長江(揚子江)右岸の青弋江(せいよくこう)が合する地点にある省直轄市。人口59万(1994)。市域に蕪湖県(湾沚鎮に治す)など3県を含む。市となったのは1949年。春秋時代の呉の鳩茲邑以来の古い歴史をもつ都市。漢代には蕪湖県が置かれ丹陽郡に属した。三国時代より南北朝時代にかけて,長江中下流域の開発がすすむとともに,長江下流域と中流域をつなぐ水運要衝となり,江岸の港湾を核として発達した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蕪湖
ぶこ / ウーフー

中国、安徽(あんき)省南東部の市。青弋(せいよく)江と揚子江(ようすこう)の合流点に位置する。蕪湖、繁昌(はんしょう)、南陵(なんりょう)の3県を管轄する。人口218万4734、市轄区人口64万5616(2000)。春秋戦国時代には呉(ご)の鳩茲邑(きゅうじゆう)とよばれ、漢代は蕪湖県で丹陽(たんよう)郡に属したが、のち廃止され、唐代に蕪湖鎮として復活し県に昇格した。明(みん)・清(しん)代より青弋江流域と巣湖(そうこ)地区の物資の集散地として商業が盛んとなり、中国四大米市の筆頭として知られた。1876年芝罘(チーフ)条約により開港され、揚子江中流地域の物資を上海(シャンハイ)を経由して輸出した。1949年に蕪湖県から分離して市が設けられた。揚子江水運上の重要な河港であり、さらに寧蕪(ねいぶ)、蕪銅、淮南(わいなん)、皖(かんかん)の4鉄道が市内を通り、省南部の水陸交通上の中心の一つである。付近で石炭、マンガン、鉄鉱石を産し、鉄鋼、機械、造船、化学などの近代工業が発達している。ほかに三刀(包丁、鋏(はさみ)、かみそり)、三画(鉄画、堆漆(たいしつ)画、通草(つうそう)画)などの伝統工芸品が有名である。[林 和生]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

蕪湖の関連キーワードファンチャン(繁昌)県ユイシーコウ(裕渓口)ウーフー(蕪湖)特別市チンイー(青弋)江アンホイ(安徽)省タントー(当塗)県ビッキー チャオ福王朱由崧安徽(省)リーヤン県ウーフー芝罘条約蕭雲従銭杏邨采石磯馬鞍山合肥会館阿英繁昌

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android