釈迦八相(読み)シャカハッソウ

デジタル大辞泉「釈迦八相」の解説

しゃか‐はっそう〔‐ハツサウ〕【×迦八相】

釈迦がこの世に出現して示した8種の降兜率ごうとそつ・入胎(托胎)・出胎・出家・降魔ごうま成道じょうどう・転法輪・入滅八相。八相成道。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「釈迦八相」の解説

しゃか‐はっそう ‥ハッサウ【釈迦八相】

〘名〙 釈迦が衆生を救うためにこの世で示した八種の相。すなわち、降兜率・入胎・出胎・出家・降魔(または住胎)・成道・転法輪・入滅の八相成道。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「釈迦八相」の解説

釈迦八相
(通称)
しゃかはっそう

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
花䚋堂大和文庫
初演
安政1.3(江戸・中村座)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android